1. トップ
  2. レシピ
  3. もち麦とアンディーブのタルタルサラダ

もち麦とアンディーブのタルタルサラダ

  • 105
日本雑穀協会 雑穀クリエイター 梶川 愛 さん (大阪府)

日本雑穀協会 雑穀クリエイター 梶川 愛 さん (大阪府)

大麦の中でも水溶性食物繊維のβ‐グルカンが多く、免疫力をアップさせる効果があることでも注目のもち麦は、日本人の大好きな、もちもちした食感です。サラダにすると、もち麦はどうしてもばらけてしまうので、簡単でお洒落に無駄なく食べられるように考えました。ほろ苦いアンディーブは、糖質の吸収を抑えてくれる上に、“食べるお皿”として大活躍です。魚介のやわらかい食感、薬味のシャキシャキ感、もち麦のもちもち感が一度に楽しめ、見た目も美しく、おもてなしにもピッタリな、ひと口サイズのサラダです。

日本雑穀協会 ホームページリンク:http://www.zakkoku.jp/

 [カロリー]105kcal

材料(アンディーブの葉 12~13枚分)
・アンディーブの葉(チコリ) 12~13枚程度
・オリーブオイル 小さじ1/4程度
・白ワイン・塩 各少々
・ディル 適量

【A】
もち麦 大さじ1強(15g)
・レモンの皮輪切り 1枚
・オリーブオイル 小さじ1/4

【B】
・スモークサーモン(厚みのあるもの) 30g
・帆立(刺身) 50g
・ヤングコーン水煮 15g

【C】
・マヨネーズ 大さじ1
・プレーンヨーグルト 大さじ1
・醤油 小さじ1/16程度
・らっきょう甘酢漬け(みじん切り) 10g
・ケイパー(酢漬け・みじん切り) 5g
・塩・白胡椒 各少々
*作り方*
1.Aのもち麦はサッと洗い水気を切り、沸騰したたっぷりのお湯にレモンの輪切り、オリーブオイルを加え、10~15分ほど少し固めに茹でる。水気をしっかり切って、温かいうちにオリーブオイルを絡ませておき、そのまま冷ます。
2.沸騰したお湯に白ワインを加え再度沸いたら火を止め、Bの帆立をくぐらせ、周りが白くなったらすぐに氷水に取り、水分を除いてから小さな角切りにする。スモークサーモンは帆立より少し小さめの角切りにする。ヤングコーンも角切りにする。
3.Cの塩・胡椒以外を全て混ぜ合わせる。
4.3に1と2を加えてよく混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調える。なお、帆立は混ぜる直前に薄く塩を振る。
5.アンディーブの葉は、一枚ずつ綺麗に洗い、氷水に入れてシャキッとさせて水切りし、4をバランスよく盛り付ける。
6.5を器に並べ、上にディルをあしらう。

*1のオイルコーティングは、時間が経ってもフヤケさせないためです。
*Cの薬味は、ある程度食感を残す程度のみじん切りにすると、よりおいしく仕上がります。
*帆立は和える直前にうっすら塩を振ることで下味をつけ、水分が出て水っぽくなるのを防ぎます。
*最後に塩を振り、塩分の摂り過ぎを防ぎます。

新着レシピ

© BEST AMENITY. all rights reserved.